IT 税務 会計
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会計くえすと

元SEによる会計・税務経験値アップの旅

法人成りしたら、お財布にご注意!

法人成りしたら、事業とプライベートのお財布は明確に分ける必要があります。

 

個人事業主のうちは、自分のお財布やカードで支払い、自分の口座に売上を振り込まれるので、全部自分のお金!という感覚だと思います。

しかし法人成りした後は、自分が100%株主であったとしても、事業で動くお金は全て会社のものになります。

 

会社用の文房具ひとつ買うにしても、領収書があれば経費として損金算入できるでしょ、となんでも自分のお財布から出すのは好ましくありません。

 

もちろん役員立替で精算というのもありですが、精算一覧や受取領収書を作ったりと事務は煩雑になります。

 

ましてや普段使っている個人のカードで支払いをしたり、自宅の家賃引落等がされている個人口座に売上の入金があったりすれば、プライベートと混同している、と判断されるリスクがあります。

 

では具体的に【お財布】の中身をみていきましょう。

 

◉現金

法人口座に振り込んだ資本金を使う。役員借入として支払った場合には、一覧化し、立替精算を行う。

金庫に現金を置く場合には、小口現金の管理を行う。

 

◉法人口座

すみやかに取引先に売上の振込口座の変更依頼をする。

事業にかかる光熱費、事務所家賃、通信費などの引落を個人口座から法人口座に変更する。

 

◉カード

必要な場合、できれば法人カードを作るべきだが、設立年度は審査が厳しい。

個人カードをプライベートでは使わないカードにすることで代用可能。もちろん私的には一切使わないこと。

 

いずれのお財布も、要はプライベートと混ざっていないと一目で分かることが重要です。

 

 当たり前といえば当たり前なのですが、始めにしっかり分けないとルーズになってしまいます。ちゃんと整理して、気持ちよくスタートできるようにしたいところです。