IT 税務 会計
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会計くえすと

元SEによる会計・税務経験値アップの旅

会社設立 最初の仕訳は?

中小企業向けの会計事務所なので、個人事業主からの法人成りが少なくありません。

 

発起人=一人親方=一人株主 パターン

 

登記の際、当然ながら法人口座はまだないので、社長の個人口座に資本金を払い込んでもらいます。

 

先日、設立一年目の会社の月次会計をして試算表を出したら、あれ?資本金がない(・・?)

 

設立のバタバタで、法人口座に資本金を移すのを忘れていたとか。

考えてみれば設立時点でまっ先にすべき仕訳なのに、社長からの借入や入金でなんとか回っていたので気付きませんでした…

 

★正解★

□設立日の日付で【現金/資本金】

□法人口座開設後、資本金を振り込み、【口座/現金】

 

ちなみに資本金は1/2まで資本準備金に出来ることは知っているのに、どんな時に準備金にするといいのかは知らないかも(ノ_<)

今のところ、どの会社も全額資本金の模様。 

 

まだまだ知識と実務がパラレルワールドです。